居合道という武道の修行とは

居合道を始めたばかりの頃は形ができずカクカクギシギシの形で言う所の3角形、力んで、筋肉痛やら形を覚えるので精一杯
技の流れができるようになって級から低段へと昇段していく段階で三角形が4角形になり、修行を重ね段位を上げるにつれ8角形になり16角形になり、七段になる頃には丸に近くなる。
最終八段の先生はやはり綺麗な丸の形で技のみならず、心、考え方なども昇華され、八段の先生方は皆さん、やはり相当な高人格者です。

自分は?まだまだ道の途中、もっともっと角を取り体を安定させコントロールしていかねば・・・まだまだ稽古不足です。心も共に・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください