ちょっと最悪な店に出くわしてしまった

なんかカツ丼が食べたくて長いこと行ってない店に飛び込んだ。たまたま駐車場が空いてたからだ。
客が誰もいなくて、店主?かな 一人。
ちょっと嫌な予感……
メニュー開けても雑然と書いてあるからどれ頼んでいいやらわからんけど、ひとまずカツ丼を目標に来たのでカツ丼頼んだ。
んー気まずいんだよね、お茶はペットボトルでドン!コップが一個
調理場ではちょっと咳き込みながら調理中、マスクはなかった……あまり気にしない方だけどやっぱり気になる。インフルも流行ってるし。なんてことを考えないようにしようと必死にスマホに食らいつく。やっぱ気になる。床は油でベタベタしてるし、気になり出したらとことん気になる。ああ〜蕎麦屋に行くべきだったと後悔しながら待つ。

出てきました!カツ丼。店の親父「マヨネーズは後ろのケースに入ってるから」なんのことかわからんかったが、マヨネーズつけて食えとのことだったようだ。
んー久々に最悪な、とりあえず頼んだからには食おう!
あちゃー味薄い、玉ねぎ煮えてない、最悪なのは大量のご飯がべっちゃべちゃ。食えるかい!家のご飯じゃないんだからさ、きっちりご飯ぐらい炊きなよ!基本中の基本でしょ?
小鉢にみかんがひとかけら、多分8分割の半分、ない方がまし。うちの蜜柑の方が断然美味い。
もったいないからカツだけは食べたが1時間ほどした今、頭が痛い。
昼のど真ん中に客がいない店って危険ですね、もう行かない店筆頭!

天草軍到来!?

天草や島原の周辺の冬は賑わう。

牡蠣や車海老など、身が締まったプリプリの味覚が味わえる。

毎年この頃に有志で集まって「エビ会」というワイン会を催すのです。冬の陣です!エビをセンターに有志が集まり格闘するのです。

その場合どこのエビが強敵か?
天草の車エビはとにかく活きがいい、大振りなのよりも中型で筋肉質なのが甘くてうまい!これはかなり強敵である。
島原の車エビは大きい!大振りの食べ応えのあるこれもなかなかの強者です。

天草は元気すぎて、ツノでガンガンやられる。
島原は元気すぎて試合会場に着く前に誰か寝起きが悪いと大暴れして仲間をやっつけちゃう残念な軍勢。(戦にならんやん)

今回は天草をチョイスした。さぁ明日5時ゴングである。凶器は国産ワイン、甲州のスパークリングと白のボトル。うまく相手の首根っこを抑えれば伝説のソードが容赦無くスパッと一刀両断だ!情けで相手の鎧を脱がしてやり、料理してやる!
こちらは伝説の戦士7名、相手早く10倍の70の手勢!気を抜くと相手の頭につけた鋸状の長い槍が襲ってくる!気の抜けない一戦だ!
大きい鍋の罠に追い込み、上から焼酎をかけて蓋をして逃げ場のないようにしてやると、鍋の中で酒に酔って狂喜乱舞!宴会が終わった頃こっそりと火をつける、慌てた軍勢は起き上がろうとするがときすでに遅し!怒りで体が赤く燃え上がるのであった。
怒髪天をついた状態の軍勢を1匹づつ格闘する。文字通り燃えてるから熱い!鎧をはいで格闘し最後はカブトを取り去り文字通り乱戦に持ち込む!
そのときに伝説のソードはいらない、正真正銘素手の勝負である。
勝負の後は烏龍茶にレモンスライスを何枚か入れて手を清める!

勝利の美酒に酔いしれよう!
至福の瞬間である。

解説:活きたエビはうまいということですけどねwww

福岡のビュッフェ特集

やるなぁ!hotpepperさん。
福岡の「ビュッフェおじさん」が教える博多・天神の神コスパ食べ放題
本当にうまそうにライティングしてあります。実際に実食してみたくなりますね!
福岡といえばどうしてもラーメンが多くなって食傷気味ですがこういう特集は嬉しいところ!
がんばって!!

元魚屋が運営する店「やますい」

国産うなぎ
元魚屋が仕入れてさばいて焼きたてを出すうな重。出てくるまで時間かかります。約30分ほど。
熱々ご飯にふんわりで肉厚、大ぶりのうなぎが一匹ドン!とのってます。
メニューにはもっと豪快なのもありますが量が多いので要注意!でも残ったら持って帰れます。
他にも海鮮丼>こんなに乗っかってるの?
ウニ丼>1箱丸ごと?
エビフライ>これだけでお腹いっぱいになる巨大さ!
など、セットメニューにすると必ず余るボリュームです!
またライムサワーがうまいんだ!

桂川町 やますい
(リンクは食べログ)
0948-65-0344(要予約)

おばんざいそら豆ーうきは市吉井町富永


うきは市にあるおばんざいそら豆は瓦そばが上手い。香りもお茶の上質な香り、またおばんざいも手が込んで仕事がきっちりしてあります。
優しい味なのでこの暑い中でも美味しくいただけました。感謝!
駐車場も広いのでぜひ優しい美味しさを味わってください。

なんかほっとするひと時でした

ビジネスプラン>レストラン編(前編)

レストラン(飲食店)用プラン
結構満員なんだけど、イマイチ売上が上がらない・・・。
席数増やしてみたら捌けなくなって客足が遠のいた・・・。
HP作ってるけど、集客には役立つけど出した情報のメニューしか売れない・・・。
テレビなんかに出たらなおさら、タレントが紹介したメニューがやたらと出るが他のメニューがさっぱり売れない(当たり前ですけど)

せめてあと一品頼んでくれたら、ワイン1本頼んでくれたら。
って店ありますよね。
チラシやサイトで露出を高める=客が興味を持って、1)サイトを見に来る 2)食べたくなって店に来る というのが仕事
店に来た客をどう捌くかは店次第
気をつけたいポイントが、客の店の評価は料理だけじゃない。わかりきったことだけど「雰囲気」「演出」も大切。
素敵な雰囲気でフロア係による演出(対応)が最悪だと間違いなく客は離れる。いい加減な接客はしないほうがマシなぐらいです。しかもこのご時世態度が悪いとすぐネットで叩かれる。
例で
先日、I市にできた「sうどん」に行った際、店員は客が来てもオーダーも取らずに常連(友達っぽかった)とべちゃくちゃおしゃべり、しかもタメ口で大声で、「すみません」と声かけても「はーい」と言っておしゃべり続行。気分は最悪、うどんも出来上がってるのに、そこのカウンターにあがってるのに持ってこない。天ぷらフニャフニャ。しかも天ぷらの油変えてないのわかるぐらい臭い。
二度とそこにはいかない。友達がさそっても「いや行かん」>「なんで?」>「不味いしサービスは最低レベル」とはっきり明快に断る!
こうなるともうどうしようもない。何回も行く奴は友達がおるとかそういう理由だろうな。いい場所にあるから一見さんは行くだろう。でも大方のみなさんの評価は「もう行かん」がほとんど。

これでおそらく全体の5%ぐらいは損してるはず。それがどんどん拡大して行く。地域の口コミは想像以上に早いからだ。

話を元に戻そう
レストランに入って席に座りメニューを見るまたはポップや黒板など今日のお勧めなどをサーチしますよね。
「あーすみません、**ネット(またはテレビ等)で見たんですがありますか?」>「はいございます、**を*名さまでよろしかったですか?お飲み物はいかがいたしましょう……」「じゃぁビール」
と大概つづいていく。居酒屋ならとりあえず適当に頼んで乾杯が優先だろう。絶対的チャンスはこのタイミング。
頼んでから最初の料理が来るまでに微妙なタイムロスがある。

この時に一人なら完全に複数でも少し時間を持て余す。この時よく観察してほしい、皆が一様にスマホを触っている瞬間がある。店の情報?会話のネタ?色々検索するだろう。仮にしなくても店のポイントだったりクーポンだったりを探したり・・・。この時間にクーポンを探してもらうより、メルマガに登録してもらうより、スマホで店の裏メニューを検索してもらったら?
しかも会員だけに配信とかじゃなくて(むやみに配信しても安いものを売り上げる客を増やすだけ)

”その場所でしか見られないその店のサイトがあったらどうでしょう?”

その料理の解説や料理写真や動画、裏メニュー的な賄い料理、それにプラス、マリアージュさせたグラスワイン、もちろんワインの紹介や風味、飲んだ印象、もちろん他の料理とマリアージュさせてもいい。
その情報が「店内だけのサイト」で見られたら、「あ、すみませんこれも一緒に・・・」となるように仕掛けると、その分の売り上げが上がること間違いなし。

ただしいつ行っても同じじゃ「なんだ定番か」となるので週一回ぐらいは内容変えましょうね。そこはレストランの企業努力です。

店内サイトのメリットはそれだけじゃない。いろいろなストーリーや見聞録なども入れておくと店内の会話も盛んになり、売り上げも上がりますよ!
じゃあそれをどうやったらいい?膨大なコストかかるんじゃない?月***円ってかかるんじゃない?店にパソコンならあるけど・・・。

coconara meets

……次回に続く。