クリスマスの過ごし方について1




毎年クリスマスが近づくと、特に恋人や家族で過ごす予定のないひとり者にとっては、いろんな思いが湧いてくるものなのかもしれません。

「彼氏(彼女)もいないし、一人でどうやって過ごしたらいいんだろう」
「友達でも誰でもいいから、一緒に過ごせる予定をいれておこう」
「クリスマスに一人だと、さびしそうな人に見られそう・・・」
「街はカップルばかりで、みんな幸せそう・・・」

一人だと、どこかネガティブなイメージが漂いますね。

そんな思いの裏返しでカップルや幸せそうな人たちをねたんだり、コンプレックスに感じて卑屈になっていく人も見られます。


もともと、クリスマスはキリスト教のお祝いなので関係ない人は関係ないですし、バレンタイン同様、商業目的で盛り上げられている側面がありますよね。

日本人がそのイベントにのっかって楽しむのは全然いいと思うのですが、その一方でこのように一人でクリスマスを過ごすことに悩まされてしまうというのはいかがなものでしょう?

本来は、他の日と変わらない日常ですし、一人だろうとさびしがったり恥ずかしがる必要はまったくないのですが、どうしてもあの雰囲気(BGMやイルミネーション)にのみこまれてしまうのですよね。

それくらいなら、資格の勉強をするとか、いっそのことバイトでもした方がよっぽどメリットがあると思いませんか?






Copyright © 気ままなひとり言 All Rights Reserved.